2013年11月08日

ハネウェルソルスティス®液体発泡剤が 業界トップクラスの建物保険業社から 耐雹性能の最高評価を受けました

ハネウェル発泡剤を使ったスプレーフォームルーフィングは激しい雹が屋根に与えるダメージを最小にします

ニュージャージー州モリスタウンシップ、2013年9月–ハネウェル(NYSE: HON)は本日、ソルスティス®液体発泡剤を使用して施行された屋根用スプレーフォームシステムが、FMグローバル社 の保険FM Approval認定プログラムによる、激しい雹への耐久性評価を受ける初のシステムとなることを発表しました。FMグローバル社は保険業界において世界でも最大規模の企業のひとつです。オハイオに拠点を置くウェストディペロプメントグループが開発したこの屋根用発泡システムは、建物のオーナーが保険料を下げるのに役立つはずです。

FM Approvalsの耐雹性能試験は、雹によって屋根の塗膜および下地に引き起こされる割れ、穿孔、裂孔に対する耐久性能を評価するものです。アメリカ国立気象局では激しい雹の公式定義を¾ インチ以上としています;しかし、実際には定義以下のサイズの雹でも被害をもたらす可能性があります。

このシステムは、激しい雹への耐性評価に加え、FM Approvalsが定める耐風圧性能、可燃性、雨漏り、人の歩行への耐性、腐食効果に関する他の要求も満たしています。

ウェストディベロプメントグループの代表取締役ディック・ウェストは、「FM Approvalsの試験と評価は、アメリカ中西部や南西部などしばしば破壊的な雹が降る地域において、ソルスティス®液体発泡剤を用いた屋根用スプレーフォームが非常に優れた選択肢となることを示しています。この試験により、ソルスティス®液体発泡剤を用いて施工されたスプレーフォームが施された屋根は、最も激しいレベルの雹には耐えられなかった他の屋根用スプレーフォームシステムと比べて、一歩進んでいることが示されました。」と述べました。

イリノイ州立水質調査所によると、雹によって米国にもたらされる毎年の資産被害額は平均8億5千2百万ドルにのぼり、雹に関係した大災害は平均して毎年15件生じています。

発泡剤はスプレーフォーム断熱材の独立した気泡を膨張させ、フォームに優れた断熱特性を与えます。ソルスティス LBAとしても知られるソルスティス液体発泡剤の地球温暖化係数は1であり、ハイドロフルオロカーボン(HFC)発泡剤に比べ地球温暖化係数がはるかに低く、HFCの代替品となる次世代発泡剤です。

ハネウェフッ素化学品事業部のビジネスディレクター、サンジーヴ・ラストギはこの製品について「ソルスティス LBAは環境に優しく、安全で、コスト効率が高く、総合的に見て最高の性能を提供します。スプレーフォームから機器の断熱まで幅広く応用できるこの新たな発泡剤に関して、当社は引き続き強い関心を抱いており、採用を広げていく予定です。」と述べています。

スプレーフォームを用いた屋根用システムは省エネルギー性能に優れ、強風に耐え、雹および強風による飛来物のダメージから屋根の下地を守ります。屋根用スプレーフォームシステムは近年のハリケーン、雹、その他の厳しい気候のもとで耐久性が証明されています。

ソルスティス LBAに加え、ハネウェルのソルスティスブランドシリーズはハネウェルの新しいハイドロフルオロオレフィン技術を用いた、定置式エアコンおよび自動車エアコン用冷媒、ガス状発泡剤、噴射剤、溶媒を提供しています。当シリーズの製品は、お客様が最終製品性能を損なうことなく、二酸化炭素排出量を低減する助けになります。

この製品は‘ハネウェル フッ素化学品事業部により開発され商品化されています。ハネウェル フッ素化学品事業部は世界中の主要エアコンや冷蔵庫メーカーに採用されているオゾン層非破壊性冷媒の製造および提供分野のリーディングカンパニーです。当社はさらに省エネルギー効果の高い発泡断熱材用の発泡剤、核燃料に使用するフッ化水素酸と前駆物質の製造および提供にも携わっています。

ソルスティス LBA に関する詳しい情報は、ホームページwww.honeywell-blowingagents.jp.をご覧ください。

Performance Materials and Technologiesは最先端素材およびプロセス技術の開発と製造分野における世界的なリーダーです。その素材や技術は石油精製から環境にやさしい冷媒、さらに防弾ベストに至るまで、幅広い分野の産業や業務において毎日のように大勢の人々に用いられています。当社の最先端素材はナイロンからコンピュータチップ、医薬品包装まで様々な製品の製造に欠かせません。さらに当社のUOPビジネスが開発したプロセス技術は、世界中のほとんどの精製業者がガソリン、ディーゼル、ジェット燃料、石油化学製品を効率的に生産するための基礎を築いてきました。現在UOPは再生可能なエネルギー源から燃料を生産する技術を開発中です。

ハネウェルインターナショナル(www.honeywell.com)は、フォーチュン(Fortune)100社にノミネートされた、テクノロジーおよび製造分野におけるトップレベルの複合企業であり、航空宇宙分野の製品およびサービス、ビル/住宅/産業用の制御テクノロジー、ターボチャージャー、パフォーマンスマテリアルズなどを世界中のお客様に提供しています。米ニュージャージー州モリスタウンシップに拠点を置くハネウェルの株式は、ニューヨーク、ロンドン、およびシカゴ証券取引所で取り引きされています。ハネウェルのニュース・詳しい情報は、 www.honeywellnow.com をご覧ください。

本プレスリリースには、1934年米国証券取引法第21E項が意味するところの「将来の見通しに関する記述」が含まれています。当社または当社の経営管理者が将来の発生または発生する可能性を意図、予想、予測、確信、または期待する活動、事象、または発展について述べた、過去の事実以外の記述はすべて、将来の見通しに関する記述です。これらの記述は、過去の経験と傾向、現在の経済状況、期待される将来の発展とその他の関連要因を考慮した経営管理者の仮定および予想に基づくものです。本リリースに含まれる将来の見通しに関する記述は、当社の経営、製品、サービス、および価格に影響する経済、競争、政府、および技術的要因を含む(がこれに限定しない)リスクや不確実性にも左右されるものであり、このような将来の見通しに関する記述は、将来の業績、実際の結果、発展業務遂行上の決定を保証するものではなく、当社の将来の見通しに関する記述によって予想された内容とは異なる場合があります。当社業績に影響を与える主要なリスクや不確実性については、当社Form 10-Kおよび米国証券取引委員会提出文書に記載しています。

連絡先:

Katsuyuki Takise
81-3-6730-7085
katsuyuki.takise@honeywell.com