米国

米国政府は、GWP が高い物質の使用に対処するための様々なアプローチを検討しています。 地球温暖化係数が高い物質に影響を与え、高い性能の発泡断熱材の使用を促進させる可能性のある、現在検討中の規制によって後押しされるであろう変更に加えて、ソルスティス LBA のような低 GWP で高性能の発泡剤の使用を望む市場の圧力もあります。

これらの規制と類似の世界的な取り組みを想定して、業界では、予想される気候変動関連の規制に対応するためのソリューションを準備しています。 ハネウェルは、発泡剤、冷媒、溶剤やエアロゾールなどを含む当社の低 GWP 開発プログラムを展開する、業界のリーダーです。

ソルスティス LBA は、ソルスティス LBA とソルスティス LBA を含有するフォームシステムの市販に登録が必要な TSCA および SNAP をはじめとするすべての必要な規制の承認を受けています。

MIR/VOC

化学物質が VOC であるかどうかを特徴づける指標は、最大増加反応性(Maximum Incremental Reactivity:MIR)です。 アメリカの規制において、一般的に、ある化学物質が VOC であると見なされる指標(MIR)は、エタンです。

低 GWP 物質は時として、その大気寿命が非常に短いことによって、地表のオゾンの形成に寄与する揮発性有機化合物(VOC)となる可能性があります。

ソルスティス液状発泡剤の最大オゾン生成(MIR)は、エタンの値よりも低いことが測定されており、アメリカにおいて VOC 規制から除外される見通しです。