スプレーポリウレタンフォームの断熱

より大きい断熱抵抗値の提供

スプレーポリウレタンフォーム(以下、SPF)は、業務用ビルおよび居住用建物の断熱、気密、湿度管理、あるいは構造的強度の改善を目的として使用されます。 クローズドセルSPF(以下、ccSPF)の優れた断熱性能は、発泡剤が作るフォームセル内に発生するガスの断熱の成果です。

ccSPF用発泡剤のサプライヤーリーダーである当社は、以下の2種類の液体発泡剤を提供します。 245faソルスティスLBA液体発泡剤(以下、LBA)です。

    ソルスティスLBA現場発泡断熱スプレー用カタログ


当社の新製品であるソルスティスLBAは、現在使用の材料よりも環境影響を低減しつつ、優れた断熱性能を提供します。 地球温暖化係数が5未満のソルスティスLBAは、スプレーポリウレタンフォームの断熱に使用できる優れた選択です。

スプレーフォーム用のソルスティスLBAは、 HFC-245fa用の理想的な代替物であり、「次世代」の発泡剤テクノロジーです。

スプレーフォーム用ソルスティスLBAは以下を提供します:

  • k-factor(熱伝導率)の改善 – HFC-245faのフォームよりも2-4%高い
  • ポリオール混合物の優れた溶解度
  • ポリオール混合物の低い蒸気圧

ソルスティスLBAのフォーム品質とHFC-245faとの比較:

  • より小さいセルサイズ
  • 改善された寸法安定性
  • より高い圧縮強度

お問い合わせHoneywell(以下、ハネウェル)スプレーソルスティスLBA



ViewImage

HFC-245fa は、不燃性でオゾン層を破壊しない発泡剤であり、またクローズドセルスプレーポリウレタンフォーム用において実績のあるハネウェルのテクノロジーです。 米国環境保護局(EPA)は、全てのフォームの適用で代替物としての245faの使用に対して SNAP(重要な新規代代替物)の承認を行いました。

ハネウェルの245faは、HCFC-141b、HCFC-22および他の発泡剤のドロップインに近い代替物です。

245faは、HCFC-141b (Montreal 議定書で徐々に廃止)および他のフッ化炭素や非フッ化炭素発泡剤の代替物として多くのスプレーフォーム製造業者やシステムで成功裡に使用されています。

スプレーフォーム用245fa発泡剤は以下を提供します:

  • 傑出した断熱および気密性能。 ccSPF用R-断熱抵抗値*は、通常は6以上 (華氏75°/摂氏23.9°で1インチ/25.4ミリの厚さ)
  • 非揮発性有機化合物(米国)と区分されています
  • 材料および機器との優れた適合性

245faフォーム品質対 HCFC-141b(または他のHCFC系):

  • 優れた寸法安定性
  • 改善された圧縮強度
  • ほぼ同等の熱特性

お問い合わせ245faへの変換に於ける多くの環境的および性能的な利益に関する情報はこちらから

*節約は多少の違いがあります。 SPFを他の断熱材と比較する際には、特定のR断熱抵抗値でご自身のSPFの商品概況報告書と照合してください。