悪天候での性能

悪天候での性能

毎年、何千もの建物が洪水、雹および強風で損害を受けています。 ハネウェル発泡剤のクローズドセルスプレイポリウレタンフォーム(ccSPF)は、悪天候の中でも有効であることが証明されました。 ccSPFを噴霧する場合、ccSPFはスプレー表面に付着し、空気および水の浸透を引き起こす亀裂および裂け目を埋める泡に広がります。

悪天候にさらされる可能性が高い住居および建物に備えるハネウェル発泡剤を有するccSPFは、以下を提供します:

  • 風に対する卓越した抵抗力
  • 建物のベランダや壁に接着しスムーズで持続的な表面を提供
  • シームレス – 「持ち上げる」ための接合部または端が不必要
  • 高い構造(ラッキング)強度
  • 外部保護被膜、および鋼製下地スタッド材の壁の中のスタッド材の両方に十分付着する – 両方の強化
  • ccSPF- 充填した壁は、200%のラッキング強度を75%向上追加することができる3
  • 傑出した耐水性
  • 米国連邦緊急事態管理庁(FEMA〕は、ccSPFを抗洪水被害建築材であると見なしている4
  • 強度の抗雹害
  • ccSPF屋根ふき材は、雹関係の損害に耐える他の屋根ふき材システムと比較して平均以上の性能を発揮する5

悪天候からの保護に役立つccSPF断熱をお考えの場合は、当社にお問い合わせいただき、発泡剤テクノロジーの最新情報を入手してください。