エアバリアの長所

エアバリアの長所

十分に設計されたエアバリアシステムは、建物のエンクロージャの内部および外部へ空気の意図しない流れを制御します。 建物に対する省エネルギー基準の増大は、気密性により直接または間接的な空気流れの遮断を必要とします。 多くの設計者、建築者およびエンクロージャスペシャリストは、多くの場合、気密性基準(エアバリア)および性能要件を満たすために役立つクローズドセルスプレーポリウレタンフォーム(ccSPF)を選択しています。

エアバリアとしてのハネウェル発泡剤を有するccSPFの利益

  • 優れた機密性
  • ゼロに近い通気性
  • 「風」および「堆積」(圧力差)の影響を軽減する
  • 隙間を埋めることで空気浸透を減少または取り除く
  • エアバリア設計を簡素化
  • 「一体化」したエアシーリング、断熱、耐湿性、接着性を提供
  • かび/白かびの成長を抑制
  • 蒸気/水蒸気抑制剤として機能
  • 作業および保険料を削減可能
  • ccSPFは単一作業で設置できるので、多くの作業員、締め金具、接着剤またはトーチを必要としない
  • 優れた材質適合性
  • 厳しいエアバリアコードおよび基準に対処
  • HVAC(暖房、換気、空調)機器サイズの縮小が可能2
  • エネルギーリベート、税額控除、
  • 他の持続可能性/グリーンビルディング指定の適格性獲得が可能

*節約は多少の違いがあります。 SPFを他の断熱材と比較する際には、特定のR断熱抵抗値でご自身のSPFの商品概況報告書と照合してください。

多くの変数がccSPF材料および設置費用に影響を与えるので、プロジェクトの予算、投資収益率、ポテンシャルエネルギーの保存および税額控除、あるいはSPF製造業者または建築請負人の賛成するグリーン認証(環境性能評価システムクレジット等)を検討することが望まれます。